創業明治33年・喜ばれる畳をお客さまに

畳床

大切な畳の土台

畳の土台となる部分です。当店では主に三種類の畳床を取り扱っています。それぞれ特徴があります。

ダイケンボードⅢ型

ダイケンボードⅢ型

一般的に現在使われているのがこのタイプです。木材を細かく砕いたて固めた物を、ポリスチレンフォームで挟んでいます。断熱効果が藁床に比べると高くなっています。

ダイケンオールボード

ダイケンオールボード

ダイケンボードⅢ型より耐久性があります。

ワラ床

ワラ床

昔ながらの畳床です。ボード床と比べると踏んだ時の感触が柔らかいです。また天然素材なので吸湿性と放出性機能があります。

ページトップへ

畳のことなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

Copyright © TAKAHASHI TATAMI All Rights Reserved.
MENU
×